レッスン

ジャズダンス

入門・初級

未経験・初心者の方が対象。基礎的な動作を一つずつ丁寧にやっていきます。
体が固いのでストレッチも長めにしっかりやります。
レッスン中に分からないところがあれば、1対1で答えていく時間も大事にしていきます。

【中学生~】

キッズ

「入門・初級」との違いは、小学1年生でも出来るやさしい内容となっています。
まずは音楽に合わせて踊るのが楽しんでもらえるところから、徐々にジャズとバレエの基礎を学んでいきます。
つきっきりでお子さんを見ますので、もし危ない動きをしそうな場合でも、すぐに止めに入るので安心です。

【小学1年生~小学6年生】

初中級

「入門・初級」の内容が出来るようになった方が対象。
応用技術やバレエのテクニックを交えた、さらに上の技術を学んでいきます。
初中級ではバーレッスンから入るのが特徴です。

【中学生~】

中級

「初中級」と内容はあまり変わりません。
違いは、バーに捕まらずレッスンをしていきますので、「初中級」よりも少しレベルが上がります。
「初中級」と「中級」、両方受講する生徒も多いです。

【中学生~】

中級 選抜

多岐にわたる踊りを取り組んでいきます。
プロを目指したり、オーディションを受けにいく方が対象。
もちろん、「中級」レベルの技術を習得した方が楽しむ目的で受講することも可能です。

【中学生~】

テーマパークダンス

東京ディズニーランド・シーで培った技術を、初心者の方でも楽しく学んでいきます。
ガールズ、ヒップホップなども取り入れ、テーマに沿った世界観を華やかに表現し、それを見る人に伝えられるようになります。
他のダンス教室と違い、テーマパークに限ったレッスンではありませんので、ダンスに興味がある方なら受講する価値あり!

【中学生~】

バレエ

基礎

ジャズダンス「入門・初級」を受講している方が対象。
ジャズでより動ける体を作るためのバレエを習っていきます。
ダンスをするにあたってのボディートレーニングです。

【中学生~】

ジュニア

小学3年生からが対象なので、「基礎」と比べて簡単な内容をゆっくりなテンポで指導していきます。
小学生は骨格と筋肉ができあがっていませんので、股関節や膝など関節の使い方に無理のかからないよう気をつけていきます。

【小学3年生~中学生】

ミュージカル

発声・基礎

ミュージカルや芝居経験の少ない方を基礎からやっていきます。
お芝居の台本を読み解いて、セリフに動作を加えて感情を表現する練習。
呼吸の確認、腹式呼吸の練習をして、滑舌をよくするためのトレーニング。
読解力向上と普段のしゃべり方が変わり、人にはっきり伝えられやすくなる効果もあります。

【小学4年生~】

ボーカル

コーラス

ハーモニーに重点をおいたグループレッスンです。
1~2ヶ月と期間を設けて、課題曲を丁寧にやっていきます。
曲目はショーやミュージカルで歌えるような実践的なものが中心です。今風のポップスはやりません。

【小学4年生~】

個人ボーカル

ワンツーマンの30分間レッスンです。(1時間も可能)
キーボードを使っての正しい発声、きれいに無理なく歌うことを学びます。
生徒の課題曲の持ち込み、気になる箇所があれば対応もいたします。
※このレッスンは、1回につき別途1,000円かかります。

【中学生~】

タップダンス

入門・初級

つま先と、かかとを使って音を鳴らしてリズムをとるダンス。
基礎トレーニングが中心であまり難しいことはしません。
タップダンスが出来るようになるとリズム感が良くなり表現の幅が広がります。

【小学4年生~】

ジャズダンスとは

バレエの優美な上品さを取り入れた、形にとらわれない自由な表現ができるダンスです。
例えば、宝塚、劇団四季、テーマパークのショーなどで踊られているものは、すべてジャズダンスになります。
歌手やアイドル、バックダンサーなど、テレビでよく見るダンスもジャズダンスの枠に入り、どんな曲を使っても踊れるものなのです。
自由な表現ができるということは、本人の感受性や内面的な衝動がとても重要になります。音楽にあわせてどのように感じてどのように表現するか、それがジャズダンスの魅力です。

ヒップホップなどに比べて、ジャズダンスは回ったり飛んだりと空間を広く使って踊ります。しかもバレエの要素が入っているので、手先や足先の綺麗さだったり細やかな意識が求められます。
既に他のダンスを経験・習っている方でも、ジャズダンスを習うことで、より綺麗な体の使い方、表現力のアップにつながります。

インナーマッスルをかなり使うので、全身が綺麗なバランスの体型になります。姿勢も良くなります。

ミュージカルとは

映画・ドラマ・お芝居の舞台と比べて、ミュージカルが異なる点は、登場人物の心境や感情をセリフや仕草だけでなく、歌ったり踊ったりして表現することです。
「突然歌い出す」からと毛嫌いされる方もいらっしゃいますが、普段の生活の中でうれしいことがあったりすると、歌ったり、踊りたくなる時ってありませんか?
そんな時の延長として、より激しくダイナミックになったのがミュージカルなのです。
芝居、歌、ダンスがそれぞれ独立したものでなく、渾然一体となって劇的効果を高めているのがミュージカルの魅力です。

タップダンスとは

つま先とかかとに鉄がついているタップシューズを履いて、床を踏み鳴らしながら踊るダンスです。
足をリズミカルに複雑に動かして難しそうに見えますが、初心者からでもはじめられます。
リズム感がなくても、習っているうちに自然と体に身につきます。
ミュージカルではタップダンスが採用した作品も数多くあります。
(フォーティセカンド・ストリート、クレイジーフォーユー、キャッツ等)

テーマパークダンスとは

テーマパークや遊園地などのパレードやショーに、ダンスで華を添えるのがテーマパークダンスです。
各テーマパークには、夢の国や外国の風景、キャラクターごとにテーマがあり、その世界観を踊りとして表現することによって、ショー全体の一体感を作り出します。来場した人々に向けて「この夢の世界にずっと浸っていたい・・・」と思わせるような、より一層深みのある感動を、子供から大人まで届けることが出来きるのです。
テーマパークダンスは、ジャズダンスやバレエが基礎にあります、身体の軸や手先、足の先まで意識のいった表現、美しいポーズなどが必要な為です。今ではさらに、ヒップホップやガールズなどリズム感あふれるダンスも必要となってきています。
パフォーマーの一人一人が世界観を明確に持って、それを体現・表現し、他の出演者と同じような振り付けの中で、いかにそれぞれの個性を引き出しながら、幸せや喜びを観客に伝えていくか。それがテーマパークダンスの魅力です。
ダンスのスキルやテクニックの向上はもちろん、想像力を育てながら、表情や表現力も学習します。その中で団結力や協調性なども学ぶ事ができます。
観る人々に「夢」「笑顔」「幸せ」を与えるテーマパークダンスを一緒に学んでみませんか。